GLP-1メディカルダイエット(内服薬)の特徴

いつもの生活にGLP-1を1回/週プラスするだけで、自然に無理なく痩せる肥満治療です。

飲むGLP-1メディカルダイエット(リベルサス内服薬)の処方を開始しました。

ご自宅でもできる

GLP-1メディカルダイエット(内服薬)

GLP-1とは、人の小腸から分泌されるホルモンの1つです。
誰でも体内に持つホルモンであり、血糖値を安定させるインスリンの分泌を促します。
食欲を抑えたり、基礎代謝を上げたり、脂肪を分解させやすくするなど、肥満治療(ダイエット)にも有効であり注目されています。
いつもの生活にGLP-1を一週間に1回プラスするだけで、健康のまま自然に無理なく痩せていく肥満治療です。

アメリカ・ヨーロッパでは肥満治療として承認されています。日本では2型糖尿病の治療として承認されていますが肥満治療としては未承認なので、自費診療となります。

GLP-1の多彩な作用

GLP-1の効果

こんな悩みはありませんか?

  • 食べるのを我慢するのが苦手な方
  • リバウンドしやすい方
  • 痩せにくい体質の方
  • 運動が苦手な方、運動したくない方
  • ダイエットが続かない方

GLP-1ダイエットについて

食事をとると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促進する働きをもつ消化管ホルモンをインクレチンといいます。そして、インクレチンには、GIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド)とGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)の2種類があります。2型糖尿病に対する新たな治療として注目されるのがGLP-1というタンパク質なのです。

GLP-1は、食事をとって血糖値が上がると小腸にあるL細胞から分泌され、膵臓のβ細胞表面にあるGLP-1の鍵穴(受容体)にくっつき、β細胞内からインスリンを分泌させます。GLP-1は、血糖値が高い場合にのみインスリンを分泌させる特徴があります。逆に血糖値が低くなるとそれ以上血糖が下がり過ぎないように調整してくれる作用も持っています。
GLP-1には、インスリンを分泌させる作用のほかにも様々な作用があります。

膵臓に対しては、インスリンの分泌を促進させるほかに、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制します。また、膵臓のβ細胞を増やすなどの作用も動物実験では確認されています。そのほかの作用として、摂取した食物の胃からの排出を遅らせる作用や食欲を抑える作用などがあります。それによって、食事中に満腹感が現れやすく、食間もお腹が空きにくいなどの効果が認められることも多く、食事量が抑えやすくなり体重が減少します。

GLP-1ダイエットについて

GLP-1のポイント

Point.1 血糖値の急上昇を抑える

GLP-1はインスリン分泌をコントロールし、食後の高血糖の上昇を抑えます。 GLP-1には、胃から小腸への移動を遅らせる作用があるので、胃の内容物をゆっくり消化して血糖値の急上昇を防止します。

Point.2 食欲の抑制

GLP-1には、食欲を自然に抑える働きがあります。食事中に満腹感が得られ、お腹が空きにくくなります。食べ過ぎを防ぐことで、血糖値を低位で安定させることができます。食事量を抑えることで、自然に減り体重減少につながります。

Point.3 太りにくい体質

肥満者では食後の血中GLP-1濃度が上がりにくく、痩せると正常に近づきます。体内のGLP-1濃度を上がりやすくするため、痩せている状態に近づけることができ、太りにくい体質へと改善されていきます。

当院の治療方針とポイント

ご自宅で自分で出来る

■GLP-1メディカルダイエット(内服)の場合
飲むGLP-1メディカルダイエット(リベルサス)はセマグルチドが成分でGLP-1受容体に作用して食欲を抑えて体重減少を実現する内服薬です。1日1回の内服になります。
内服限定:再診・血液検査料すべて無料。内服治療中はお薬代のみ以外は一切かかりません。

オンライン診療

InBody(体組成検査)/BFI Measure(超音波画像計測装置)による測定

InBody(体組成検査)

InBody(体組成検査)は基本成分である体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪・筋肉量・基礎代謝などのデータを測定します。体組成測定をすることによって、栄養状態に問題がないか、体がむくんではいないか、身体はバランスよく発達しているかなど、詳細に分析致します。
BFI Measure(超音波画像計測装置)は5部位(上腕背部、腹部、腰部、大腿前部、大腿後部)の皮下脂肪や筋肉を超音波で測定します。同じ身長、体重でBMIが同じ評価でも、人それぞれ部分脂肪のつき方や体型のバランスは違います。部分BMI、部位別バランスを確認することができ、具体的に自分のどこに一番脂肪がついているかを一目瞭然で判定できます。
これらデータに基づいた治療計画をご提案致します。
※別途オプション(都立大院のみ)

合わせておすすめの治療

GLP-1メディカルダイエット(内服薬)のメリット

  • 短時間で済む

GLP-1メディカルダイエット(内服薬)のデメリット

  • 回数が必要

GLP-1メディカルダイエット(内服薬)の施術詳細

  • 施術時間(オプション検査内容により変わります)
  • 入院なし
  • 術後の通院なし
  • 麻酔なし
  • 術後の腫れなし
  • シャワー可能
  • 洗顔可能
  • メイク可能
  • 診察当日の治療その日の状況により可能

リスク・副作用

  • 悪心、嘔吐、便秘、下痢、胃酸過多などの胃腸障害。その他、脱力感、眩暈、腹痛 等
  • 悪心・嘔吐の症状に関しては初期段階で出やすい症状ですが徐々に改善傾向となります。

《禁忌事項》

  • GLP-1製剤に対し過敏症の既往のある方
  • 妊娠中、授乳中、または妊娠の可能性のある方
  • 腹水や浮腫がある方
  • 透析療法を受けている方

《適応注意》

  • 膵臓に異常のある方
  • がんの治療中、治療直後
  • 心機能、腎機能、肝機能が低下している方
  • 自己免疫疾患のある方

GLP-1メディカルダイエット(内服薬)の施術の流れ

  • STEP 1
    診察
  • STEP 2
    各種内科検査(必要時)

    当院のGLP-1メディカルダイエットによる治療は、効果と安全性の両方を重視しております。そのため、所定の血液検査(有料・24~25項目数値測定)を必須としております。
    たとえば、糖尿病、膵炎、重度の腎臓機能障害、肝機能障害がある方は、原則治療できません。TPやアルブミン、貧血、胆道系酵素の数値に異常が出た場合も治療を中止することがあります。

  • STEP 3
    GLP‐1開始

    内服の場合:初回のみ内服説明→1週間後再診(採血結果説明、薬の量の指示)